ジェラテリアのお店

Columnコラム・連載

笑顔になれる場所

NOBUO NAKAGAWA

2017.04.05

理想論と笑われそうですが、私たちのジェラート、そしてお店は、「世界で一番笑顔になれる場所」になりたいと願っています。

心を込めて最高の素材でジェラートを作ることはもちろんですが、世界中からお越しになるお客様は、食べものに制約がある方も少なくありません。私は、単なるジェラート屋がやりたくてこの仕事を始めた訳ではありません。アレルギーであれ、食物制限であれ、宗教上の理由であれ、どんな理由でもあっても笑顔になれるジェラートが必ず存在している、そんなジェラテリアを目指しています。

今日も、記憶しているだけでイギリス、合衆国、ベトナム、ノルウェー、オーストラリアからのお客様をお迎えしました。多くの外国のお客様が私の最も丹精を込めて織り上げた「瑞穂の国の誉=100%米だけでできたジェラート」を選んでいただいています。どんな食志向の方であっても平等に食べることができるフレーバーが、日本人の源泉の「米」であるということは、どんなに素晴らしいことでしょうか。

DSC_0352.JPG

恥ずかしながら、私には一切の飲食業経験がありません。なので、手抜きの仕方はわからないのです。46歳になってから、ジェラートの世界に踏み出すと決めたとき、何のノウハウもありませんでした。そこにあったのは、今まで取り組んできた自然食についての20年の経験をフルに活用すること、そして、ジェラートで一つでも多くの健康と笑顔を作り出すという決意でした。

 

何の経験もないからこそ、できる常識ではないこと、当たり前ではないことができると考えています。それが、日本ではまだ珍しい特殊な素材によるレシピの組立であり、理想論かもしれませんが、笑顔を作る場所にするということに対する情熱です。

ジェラートがパッションなのではありません。ジェラートを巡る人の笑顔に情熱を注ぎたいと思っています。

1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 自然食屋が、そのノウハウの全てを注ぎ込んだ京都のジェラート店
  • 正統イタリアン・ジェラートでありながら、和素材も生かしている
  • 機能素材やスーパーフードを多用し、罪悪感ゼロで楽しめる
  • 日本最大級のヴィーガン、ノンミルクジェラートの品揃え
  • 安価で味の粗いサトウキビ由来の白砂糖は一切不使用
  • 主に外国人から特別に高い評価を受け、行列になる日もある
  • チーフ・ジェラティエーレ(ジェラート職人)は中川信男
  • 合成乳化剤・合成安定剤フリー

さらに1分でわかる
プレマルシェ・ジェラテリア

  • 「身体が冷えない」「食べたら痩せる?!」という信じがたいお声あり
  • 京都でフードバリアを超えるというプロジェクトを立ち上げ
    (Beyond “Food barrier”!参照)
  • 世界遺産の朝市にも出店
  • 東京に出店して欲しいという声多数で、2018年に開業
  • 衛生確保のため、お金を触らずに済む多言語券売機を活用
  • 私たちが作るジェラートは「心の薬である」と真剣に希求